創業者支援事業 consultancy shirasaka

講義、講座「売る方法を考える力を付ける」方法論、「最強営業集団育成プログラム」創業者の為の「簿記講義」

嗚呼、ニッポンの人手不足はここまで深刻になっていた! 「人手不足倒産」が起こる可能性も…

現代ビジネス 4/26(水) 7:01配信2-2

「時給1300円」
 また、非正規雇用の「時給」が急速に上昇していることも背景にありそうだ。毎年引き上げられてきた最低賃金によって、アルバイトやパートの時給が大幅に上昇。その影響で、派遣社員の時給も上昇している。

 派遣会社に支払う分も含めると、以前に比べて正社員との給与格差が小さくなっている。また、「同一労働同一賃金」のガイドラインを政府が出すなど、今後も非正規社員の急用上昇が続く見通しになっていることも、正社員シフトに拍車をかけている。

 東京都の最低賃金は昨年秋から時給932円。2012年秋は850円だったので、4年で82円、率にして9.6%も引き上げられた。人手不足が深刻化していることで、実際には都心では時給1000円を大きく超えるケースが増えている。

 学生アルバイトの定番だったマクドナルドでも都心部では「1000円以上」が当たり前になり、深夜はさらに25%増しなどとなっている。

 東急電鉄が朝の駅の整理要員として「時給1300円」の募集を出していた。朝2時間の特殊勤務とはいえ、授業が始まる前の時間帯を有効活用できる大学生を狙っている。バイトやパートの時給上昇は当然ながら、契約社員や派遣社員の給与引き上げに結びつく。

 雇用者数は2013年1月の5502万人から今年1月の5793万人へと4年間で290万人増加した。当初は団塊の世代が定年退職後に嘱託社員として再雇用されるケースも多く、正規雇用が減って、非正規雇用が増える傾向が強かった。2013年に1823万人だった非正規雇用は2000万人を突破した。

 ところが、2015年1月ごろから正規雇用の増加率が非正規の増加率を上回る月が出始めた。それでも、昨年夏までは正規が非正規の伸びを上回ったのは2カ月連続が最長だったが、ここへ来て、5カ月連続で上回り、どうみても「非正規よりも正規」の流れが鮮明になってきたわけだ。

 今後もおそらくこの傾向が続くだろう。特に飲食店や小売店、ホテル、運輸などの業界は、人手が足らなければ、事業を行うことができない。人手を確保できなければ「閉店」したり、お客を断ったりしなければならないのだ。

 ヤマト運輸が宅配便を27年ぶりに値上げする方針を固めたと報じられたが、人手不足で宅配の指定時間を繰り上げるなどサービスの削減も行う事を表明したばかり。数年前ならば、値上げとサービスカットを同時に行うことなど考えられなかったが、値上げが通る経済環境になっている。

 逆に言えば、値上げをしてでも待遇改善を行わなければ、人手の確保は難しくなっているということ。今後も様々な業界でこうした人手不足に対応するための料金引き上げが起きてくる可能性が高い。

 人材を確保できないことによって事業が回らなくなる「人手不足倒産」も十分に起き得る。企業からすれば、人手を確保することが最優先事項になりつつあり、そのためには「正社員」として抱え込むことが不可欠になってきている。

磯山 友幸
スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)
プロフィール

clubbig1status

Author:clubbig1status
常に一流を目指す販促支援
最強営業集団育成プロジェクト
consultancy shirasaka
戦略コンサルタント

講義、講座
「売る方法を考える力を付ける」方法論
「最強営業集団育成プログラム」
創業者の為の「簿記講義」

全記事表示リンク
最新コメント

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR